家は賃貸派?購入派?それぞれのポイントをご紹介

賃貸か購入か、決める時のポイント

いつ頃考えるべき?

ライフイベントは人それぞれです。
しかし、結婚を考える人の多くが考えるのは、結婚をいつにするのかということです。
そして結婚した人が次に考えるのが家をどうするのかということではないでしょうか。
賃貸のままでいくこともできますし、マイホームやマンションの1室を購入することもできます。

少し前ならば、結婚したらマイホームに車を買うのが夢であったり、目標にすることが普通であったりしますよね。
しかしながら最近では女性も仕事を続ける場合も多いですし、子供を作らないと考える夫婦もあります。

また、日本での平均収入は低くなる傾向にあるため、ローンを組んでまで高額な買い物をすることを控える人も増えています。
車でも維持費やガソリン代、駐車場代などを考えて、持たない、または手放す若い世代もいます。
家でも、賃貸の方がお得なのではないかという意見もあり、マイホームにするかどうかをしっかり検討する傾向があります。

テレビや雑誌で、持ち家と賃貸、どちらの方がお得なのかを特集でするのを見たことある人もいるのではないでしょうか。
ただ、購入派の人からすると、老後死ぬまでずっと家賃を払い続けることを心配する声もあります。
また、賃貸派の人からすると、収入が今後どうなるかわからないのにローンも何十年も払い続けることに不安を感じる人もいます。

どちらにもメリットとデメリットは当然あります。
自分自身にとってはどちらをとるほうが将来的にいいのか、その辺りも意識しながら参考にみてみてください。

家は持ち家と賃貸どちらがお得?

みんなはいつ頃家の購入を考えているものなのか、それとも賃貸のままで生涯いこうか決めているのでしょうか。 何歳ごろが一番いいのか、ローンを考えるなら早い方がいいのか、家族構成がしっかりと決まってからがいいのか、いろんな点から考えることができます。

賃貸は高くつく?

賃貸は毎月家賃が発生します。 広さや築年数、利便性などにより家賃は違ってきますが、高い物ですと家のローンよりも高い費用がかかる物件もあります。 それは借りている限り発生する支出です。 この家賃は長い目で見た時に高い物なのでしょうか、それとも家の購入よりも安いものなのでしょうか。

家の購入は将来的に高い?安い?

結婚した夫婦の多くはマイホームの購入を考えることが多いです。 その理由に「自分の家を持ちたい」という理由もありますが、「老後に家賃を払わなくてもいいようにしたい」「財産をもっておきたい」という将来を見据えた理由をしっかりともっている人も多いです。