家は持ち家と賃貸どちらがお得?

家族構成

結婚したり子供ができたりすると家の購入を考える人が多いようです。
どちらが正解ということもありませんが、結婚してすぐに家を購入する場合、間取りについて注意が必要です。

結婚してすぐだと子供がまだいないことも多いですが、子供部屋をどうするのか、子供は何人ほしいのかということもしっかりと考える必要があります。
子供部屋については必要でないと考える人もいますが、そうする場合でも子供との生活を考え、利便性を考えた家にすべきです。

子供ができてから決める場合、現在の家族との生活で感じる不便性を改善した家を考えることもできますし子供の学校のことも考えて立地を選びやすいです。
子供がある程度大きいときは問題ないですが、乳幼児や出産前だと母親での負担が大きくなります。

年収や年齢

家のローンは30年前後で組むことが多いので、定年の年から逆算して30歳前後までに購入したいと目処をつける人もいます。
40歳になってもローンは組めますが、月の支払いが大きくなったり、場合によってはローンが組みにくい事もあります。
また、若い人向けのローンもありますので、早いほうがお得な面もあります。

逆に子供が自立してから家の購入を考える場合、デメリットばかりではありません。
夫婦2人の家となるので、最小限の部屋数だけでいいので、購入にかかる費用も最小限でいけます。
そのようにする場合、ローンを組むよりも貯金をしておき一括払いで購入する人も多いです。

年収も考える際にひつようなポイントになります。
年収が低いとローンを組める額にも限度がでてきますので、購入資金のうちいくらかを貯金しておくことも必要になります。
最近では、年収300万円以上であれば購入しても問題ないと言われています。


この記事をシェアする