賃貸は高くつく?

賃貸のメリット

賃貸の1番のメリットは大きな負債を持つことがないことではないでしょうか。
家を購入すると数千万の借金をすることになり、多くの人が定年前後までローンを払うことになります。
もしも今ある仕事が急になくなったり、また月収が不安定だと、毎月の支払が困難になってしまうこともあるかもしれません。

そして、賃貸ですと収入やライフスタイルに見合った物件への引っ越しが可能です。
先ほどのように収入が減るようなことになれば家賃が安い家に引っ越すこともできます。

老後も家賃を払えるのか不安という声もありますが、一生賃貸と考えるならば、老後のための貯蓄に家賃代も含めて考えるべきでしょう。
定年後別の仕事をするから大丈夫!ではなく、将来の生活スタイルについてしっかりと話をしておきましょう。

賃貸のデメリット

賃貸は自身の持ち物ではないので、部屋や家に穴をあけたり、リフォームしたりするのが難しくなります。
近所に大家がいるという状態であれば、話し合う場を作ることも可能かもしれませんが、多くの場合リフォームの類は難しいです。
なので、今の家に不満がある場合は別の家や部屋を探す方が早いでしょう。

また、賃貸の一番の不安が、定年後も家賃をずっと払い続けなければいけないこともマイホームを持つことと比べると、どうしてもデメリットになってしまいます。
先ほどお伝えしたように、予め将来を考えて貯金ができていればいいですが、準備ができずに老後を迎える家庭も少なくはありません。
賃貸の方が安いからと、端的に考えずに、自身にとってどちらの方がいいのか考えてみましょう。


この記事をシェアする