家の購入は将来的に高い?安い?

購入のメリット

家を購入するメリットはいくつかありますが、1つは自身が希望する間取りや内装の家を持てることです。
家族の動線を意識した間取りや、必要な部分を広くしたり、逆に狭くしたりすることもできます。
内装や設備も希望のものにすることもできます。

そして、持ち家の場合、ローン返済後は家賃など住み続けるための費用がないので、老後の心配を減らすことにも繋がります。
また、支払いの面でいうと、ローンを組むときに団体信用保険に加入ができれば、世帯主に万が一のことがあっても残された家族にローンが残ることがなく、住む場所に困ることもありません。
この点でいえば、賃貸の場合は家賃の支払いがずっとありますので、負担は大きくなりやすいです。

購入のデメリット

購入のデメリットは巨額の費用の準備です。
大半をローンで支払うにしても頭金の準備が必要ですし、頭金が多い方が今後の支払いも楽になります。

他には住み替えがしにくい点があります。
例えば仕事の異動で引越しが必用になっても、持ち家の場合、単身赴任にするか売却するか、もしくは家族は引っ越しして人に貸すかという選択が必要になります。
売却するにしても、購入した時よりも価値は下がるので、ローンの額に達しないこともありますし、買い手がすぐにつかないこともあります。

固定資産税やメンテナンス費もかかりますので、そういった費用についても考える必要があります。
このような諸経費を考えると、一生涯賃貸の方が安くなる場合もあります。


この記事をシェアする